中国へ行ってみて産業動向

北京・煙台へ旅行に行った時感じた事は 日本で聴く中国と現地で感じる中国国民の違いが大きいと云う事です。中国の人達は決して日本嫌いではない。関東から煙台に行く時直接は行けないので青島で降りたのですが煙台から車で迎えに来てくれてとても嬉しかったです。その方は日本人よりも韓国人の事を嫌っておりむしろ日本人は礼儀正しいし真面目なので仕事相手と考えるには日本人が一番だと言っていました。北京では日本にあこがれ...

本当のバイクの楽しさとは何か。

私のバイク歴、高校一年で中型自動二輪免許を取得して今年で22年。22年前、青春真っ只中の自分は高校生活の大半をバイトとバイクに費やした。長い休みはテントを積んでツーリング、行く先々での思い出の数々は、青春時代から、現在に至るまで数え切れない数になります。そして7年前に大型自動二輪免許を取得し、大型バイクに乗るが、バイク歴を過信して事故を起こし、新車のバイクを全損させ、自分も入院、迷惑をかけたため、...

コンクリート住宅について

自宅を13年前に建築した。自然素材にこだわった会社で、北海道でもかなり有名だった。数年前に倒産してしまったが、関係者がメンテナンス等を引き継ぐ会社を何社か設立している。家族5人で暮らしているが、おおむね快適に感じる。ストーブ1台だけで家全体が冬に暖かいこと、まどが3重であまり外の騒音が入ってこないこと、3階建てで1階は車庫や物置として活用できる。屋根は無落雪で全く雪下ろしをしたことがない。/80代...

火災保険

2011.3.11の津波で何十年も住み慣れたマイホームがものの数分で跡形もなく流されてしまった。リフォームをして年老いた両親から中学生の子供まで住みやすい快適な家にリフォームしてから1年もたたずに基礎と鉄骨の柱を残して何もかも流された。地震の被害はほとんど無く、壁も落ちず戸も簡単に開いたのに津波で本当に何もかもが流されてしまった。地震に強い家、ハウスメーカーは宣伝しているが津波が来たらどうしようも...

患者負担について

私は長年病院事務長をしておりましたが、現在の国民皆保険制度は絶対に守るべきものと思います。現在、各種医療保険が出てきておりますが、あれは欧米の保険制度が日本のようではないので、裕福層のみが高度医療を受けれる仕組みになります。高度先進医療についても同じことです。決してアメリカやフィリピンのような自費もしくは民間医療保険で補うような仕組みは取り入れるべきではありません。患者負担については、もっと世帯収...

不動産投資におけるリスク

まず、駅前の土地を購入し建物を建て店舗として貸した。機関は10年で貸しだした。しかし、10年がもうすぐ経つが、契約更新しないということで、建物も結構いじっているので、これからの話し合いがめんどくさそう。相手方は弁護士をたて、弁護士と話し合いをしていかないといけなくなった。なんか非常にめんどくさくなっている。このあとどうしようという不安のなか、現在を送っている。アパートは定期借地権で、建物を建て貸し...

急に決めた引越し

精神的な体調の不調で休職し、復職して1ヶ月がもう直ぐ経とうという時に、妻が突然、引越しをしたいと言い出した。環境を変えることで私の体調の回復が早くなるのではないかということと、子供たちへの影響を考えた上でのことだった。時期は3月末、不動産会社に出向き、良さそうな物件を見つけ、契約することにした。引越し会社の見積もりや転校の手続き、荷物の梱包準備など慌しいなか、長女の転校先の始業式の前日に引越しが完...

家を建てて気付いた事

私が家を建てる時は、父の知合いの方にお願いすると思っていた。父が建築の仕事をしておりたくさん知合いがいる為だ。28歳で結婚をしてしばらく賃貸マンションに住んでいたが、2年ぐらい住んだときに家賃を支払うのがバカらしくなってきた。当たり前だが、払うだけで何も残らないからだ。ちょうど、近所で大掛かりな造成工事が始まった。住宅地の造成とはわかったが、土地が高いだろうと調べもしなかったし、土地に対して建築メ...

マイホーム購入のための資金

いつかはマイホームを購入したいが、資金が不足しているため、難しいと感じる。子供がいるため、子供が小さいうちにマイホームは購入したい。太陽光発電に興味があり、マイホームを建てるなら、太陽光発電を導入したいと感じている。マイホームを購入するとしたら、頭金として20パーセントくらいの金額の資金が必要だと感じている。今のペースでマイホーム資金をためていたら、資金がたまるまで、かなり期間がかかりそうである。...

牽引で痛い目にあった。

牽引の負荷は受診者の体重によって異なるが、その時の調子も加味しなければならない。私の場合体重68Kgで35Kgの負荷を掛けて始めは引っ張ったが、二三回して調子の悪いときに同じ負荷で引っ張ったところ、ベッドから起き上がれなくなった。おまけに看護士は終わったので、そそくさと私の様子を見ることなく立ち去った。他の看護士が気が付いて介抱してくれた。現在は30Kgでまだリハビリを続けています。白衣の天使もい...

1 | 2