トップ / 韓国語のリスニングに韓国ドラマ

韓国語をリスニングで

韓国語のリスニングに韓国ドラマ

韓国語の勉強にドラマを使う

韓国語の勉強に最適な教材は実は韓国ドラマです。視覚と聴覚両方から刺激を受けられる韓国ドラマを使ったリスニングはおすすめの学習方法なのです。また、韓国ドラマは、国内で入手できるDVD本数が多数あり、ドラマの数もジャンルも豊富なので教材としてはまさにうってつけなのです。特に普通の男女の日常で繰り広げられる恋愛ドラマなどが非常にすすめです。韓国人とのコミュニケーションに即役立つ、自然な言い回しを身に付けることができます。

また、ストーリー展開がよく考えられていて退屈することがないことも魅力ですね。たとえば日本でも人気のある「美男<イケメン>ですね」などは、比較的簡単な表現も多く学習しやすい教材として、韓国語スクールの教材になっているほどです。

ただし韓国語ドラマ鑑賞を韓国語学習の一環とするならば、あまり字幕を見ないように努力しましょう。字幕にばかり気を取られると、肝心の韓国語のリスニングが疎かになってしまうからです。学習としてドラマを観るなら、2~3回字幕なしで見た後に字幕を確認するようにしましょう。

実際の会話では、字幕はないのでそのつもりで視聴する必要があります。日本語に訳されると、若干ニュアンスも変化することは否めないので、ダイレクトにセリフの雰囲気を味わいたいなら、字幕は参考程度にしておくのがベターです。 リスニングで韓国語が何となく聞き取れるまでには、1000時間くらいは必要になります。

あまり意気込みすぎても逆効果なので、気楽にドラマを楽しみながら勉強しましょう。避けたほうが良い題材としては時代劇でしょう。時代劇などの現代を舞台にしてないドラマは、当時の独特な表現が使われているため、リスニング教材としては不適当なため、初心者は避けた方が良いでしょう。

Copyright © 韓国語の勉強はリスニングが大事. All rights reserved.